医師スポットってどんな仕事?!

災害拠点病院の医師スポット案件ってどんな仕事?!

災害拠点病院の医師スポット案件とは、どのような内容なのでしょうか。その前に、災害拠点病院とは何かについて解説していくことにします。

 

災害拠点病院とは、緊急事態が発生した場合に常に稼働しながら重症患者の手当や治療を施し、医療活動の拠点となる病院のことを指しています。

 

医師(スポット勤務)に強い求人サイト(2014年最新版)はこちら

 

災害拠点病院は全国に点在しており、普段は一般病院や大学病院、総合病院などとして運営されているのです。ですから一見災害拠点病院であることは分からなくなっています。

 

災害拠点病院の医師スポット求人は実際のところはありませんが、災害拠点病院としての機能を持っている病院の中には、コンスタントにスポット案件を出している所があるかもしれません。

 

また災害拠点病院に指定されている医療機関には、救急医療や災害医療が備わっています。そのため、働くチャンスがあれば常勤として働く傍ら最先端の救急医療や災害医療を学ぶ機会に恵まれることがあるでしょう。

 

そのような経験は、災害拠点病院に指定されている病院でしか経験できないものですので、一度体験してみるのも一考です。その場合、求人は一般公開されることはありませんので、転職サイトや人材紹介会社から案件を探した方が良いでしょう。

 

専属のコンサルタントに話をしておけば、求人が出た際に連絡をもらうことができます。日本は災害が多い国であることから、救急医療や災害医療に関しては特に力を入れなければならない分野です。

 

しかし慢性的な医師不足から、スポット案件だけに限らずアルバイトや非常勤を広く応募し、現場での対応に追われています。

 

災害はいつ起こるか分からないものですので、万が一の時に備えて災害時に必要となるスキルや経験を積んでおく必要があるでしょう。尚、災害拠点病院は全国各地に点在していますが、地域によっては災害拠点病院の数が極端に少ないことがあります。

 

医師不足が解消されてくれば、より多くの医療機関が災害拠点病院となることもできるのですが、実現するまでにはまだまだ時間が掛りそうです。